スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

ネコたちよ、世の中妥協も必要なのだ。。

姉家族が海外に旅立ったために、残されたネコたちの世話をすることになった。このネコたちが私に心を許してくれることはなく、いつも遊びにいくと警戒した目でじっと私を見つめるものだ。

 

家に入ると下に敷かれた新聞紙が散乱しており、先が思いやられる気分になった。一階のリビングに入ると二匹のネコたちが階段から下りてきて、チョコンと階段と踊り場の境で顔をのぞかせた。

 

わたしは思い切って、これこそ猫なで声で

「遊びに来たよー」

と普段出さない高い声で呼びかけた。ネコたちは耳に何も入らないかなのように固まっている。わたしは恥ずかしくなったが、もう一度、

「これこれ、遊びにきたよー」

と呼びかけた。

f:id:rmisasa:20170325112720j:image

世の中には妥協というものが必要なのだ。でも彼らは期待に応えてくれなくて、わたしは何ともいえない気まずさから顔が真っ赤になった。彼ら彼女が頭を擦り付けるとかは所詮夢物語だったのだ。なぜ誰もいないこの空間でわたしは精一杯のシャイを発揮しなければならないのだろうか。

 

ネコたちはわたしが離れた隙を見計らって急いでエサを食べ始めた。わたしは思い切り打ちのめされてしまって、スゴスゴとトイレ掃除に向かった。