読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

ホワイトデーにありがとう電灯よ

帰り道にチョコを買って帰ったのだが、そこで初めて今日がホワイトデーであることに気がついた。道理でコンビニでもたくさん置いていたわけだ。

 というわけで、私も世の流れに従うしかない。しかし、悲しいかなここでわたしは愕然とした事実に驚愕する。

「そうだ、彼女がいない!」

ということで、昔の彼女が置いていったモンスターズインクの青いやつ、うーん、名前を失念。のぬいぐるみにホワイトデーのプレゼントをする。予行練習。彼をリビングのイスに座らしてかしづく。

「結婚してくれ。」と。

 f:id:rmisasa:20170315202724j:image

しかし、その言葉を発した瞬間からあらゆる不安が押し寄せる。マネー、子育て、不自由、エトセトラ。

「こ、これが、こじらせ男子ってやつか!」

と誰もいないお部屋で叫ぶと、電灯が息も絶え絶えに点滅した。

「おおつ、ありがとう!電灯よ。わたしに呼応してくれたのか。人間が答えてくらないなら、電灯でもよい。宮沢賢治だ。」

とひとりごちて、今日という最高の日も終えるのだった。