読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

気がつくとスリッパ放置問題

他人の家にお邪魔するとスリッパを出される。わたしは、普段自宅でスリッパを履かないので、最初はその温もりに足を通すのだけれど、一度襖に上がったりして脱ぐと、それ以降そのまま放置してしまう。

 もちろん厳かな場所や緊張している場合はそうならない。少しリラックスした身内や友人宅などで、あっという間にその現象に見舞われてしまう。

 思えばこれまで数々のスリッパを履いてきた。小学校の遠足日光ホテルにあるオーソドックスな茶色いやつ、祖母の家にある下にイボイボがついているやつ、無印の冬用あったかいやつ、スカンジナビアエアライン、ビジネスクラスの黒くて薄いスリッパ。なぜ、わたしに馴染まない?

 皆んな一列に並ばせて、小一時間問い詰めていきたい。なぜ、わたしの足と相性が悪いのかと。そして、子供たちを押しのけて、その親御さんの冷たい視線に動じることなく、吉祥寺の公園でブランコを思い切り漕ぎたい。一つ一つのスリッパをブランコの上から全力で飛ばして行くのだ。そのなかで、一番スポッと飛距離を伸ばしたスリッパを今後愛することにしよう。

 f:id:rmisasa:20170313172157j:image