スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

チクビが気になって仕方のない1日

トイレの鏡を見るとシャツの下から乳首が見えていた。あれだけ通りすがりのおじさんの透けて見える乳首を嘲笑し、肌着を身につけて、気をつけていただけにショックは大きかった。

しかもその乳首はなんだか「ここにいるよ!」というくらい存在感を発揮していて、見れば見るほど目が離せなくなる代物なのだ。よりによって今日は男女問わず多くの人に会うし。ジャケットもなくどうやり過ごせばいいのだろう。
f:id:rmisasa:20151002204129p:image
こんな調子なので今日はまったくダメだった。会議をしても、向かいの男性がわたしの乳首に釘付けなのではないか、ドキマギしていた。そして意識すればするほど、なんだからその部位はムクムクと存在感を示しているようなのだ。プレゼンなぞは、その意識が常に頭の前にぶらさがっているので、せめて角度的にも、、と前屈みになって肩で胸を塞ぐような体勢になってしまった。

なんとか1日やり過ごしたが、明日にでもセクハラで今日の事変を訴えられるのではないかとビクビクしてしまった。