スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

ぬかるみを味わう感覚

井の頭公園まで自転車にて行く。公園用の無料駐輪場があるので、いつもそこに停めている。でも今日はそこに行き着くまでに、雨の影響からか公園の「ぬかるみ」がわたしの行くてを阻んでいた。「ぬかるみ」は深く深くタイヤを飲み込み、足元まで喰らいつきそうな程だった。

道幅が狭くそれを覆うように「ぬかるみ」ができているので、回避することはできなかった。2、3度クリアしても続々と「ぬかるみ」が現われるので、最初の度胸と勢いはどこえやら、突っ込むことに慎重になってしまった。

でもようやく駐輪場間近になり、これが最後の「ぬかるみ」だからと思い、大ボスとも言える巨大な「ぬかるみ」に突っ込んだ。それは想像以上に深く重く、タイヤが動かなくなるのではないかも思った。
f:id:rmisasa:20150927100234p:image
その瞬間、これは何かの感覚と似ている!と思った。それは今までやったことのない新たな仕事にチャレンジするときの感覚だ。道は塞がれていて逃げ道はないのに、やれないのではないかと怖れるあの気持。どうしても開き直れない、あの恐怖。

突っ込んでも、そこには深くて重い難題が待ち受けている。結局チャレンジしてみても重くるしい空気の連続なのだ。でも漕ぎ続けるしかない徒労感。ダメなりにベストを尽くすあの感覚。