読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

家族への気遣い

実家に久々に帰った。何か甘いものでもと思い、コージコーナーでシュークリームを3人分買う。いやいや、いつもはもっと高価なものを買ったりするのだが、手軽さを考えてチョイスしたのだ。ご理解を。

両親2人だけなので、着いたと同時に「はいよっ」て、感じで手渡す。この日はなんとなく手ごたえがなかった。

で、夕飯後、何気なく冷蔵庫を見たら、シュークリームがべつに2つあった。スーパーとかで売っている100円のやつ。わたしは笑いながら「なんだ昨日シュークリーム買っていたんだ!」と明るく言うと、父が「そうそう、スーパーでね。昨日買ったんだよ。でもコージコーナーのやつがいいよね!」と目をオドオドさせながら話す。一段と高くなった声が寂しく部屋中に響く。

母も「それはおいしくないのよお、ああ良かった。コージコーナーのやつダイスキナノヨ!」と今更ながらリアクションを大きくとる。しかし目は笑ってない。。手足もガタガタフルえて見える。
f:id:rmisasa:20150918183246p:image
なんだかそんな両親の気の使いように、こちらも動揺してしまい、笑みも消え「そっか、良かった」と真面目に返す。その後沈黙。

家族ならではの距離感だからこそ、気の使いようが、ヘンテコリンなコミュニケーションになることがある。自分の意思で手足が動かせないマリオネットのようにチグハグな動きになってしまう。このガタガタなやり取りは一日中続いた。