スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

風にのって聴こえる声

毎晩PM10時40分からPM11時20分まで、ベラベラ喋るおばさんの声が聴こえてくる。部屋にいると増幅されるように40分になると始まり、20分になるとその音量がしぼんでいく。

それが一体どこから聴こえてくるのか分からない。一度ベランダにて音源を特定しようとしたけど、同じ棟なのか向かいの棟なのかも分からない。原理的にも不明で、なぜその時間帯だけペチャクチャ聴こえるのか、今の時期多くの部屋が窓を開けているだろうし、黄泉の国からでも聴こえてきているのかしら、と不思議がる。

f:id:rmisasa:20150804174450p:image

で、内容は、

アウトデラックス予約しといたから@:「^;;「「「~~~~~~~~~~それ温めておいて~~~~~~~」

など断片的に日常会話が聴こえるのだ。特定の時間に拡声器でも使っているのか、などと無理やり結論付けているが、そうでもしないと恐ろしくてふるえてくるのだ。

少し前には嵐の番組をやっているときに女子高生くらいの笑い声が風に乗りよく聴こえてきた。すごく楽しそうに「わはは、キャキャキャ!!!」など弾けた笑い声だった。彼女の笑い声がやってくると「嵐の番組がやっているんだな~」と逆に分かるまでになった。試しにチャンネルを変えてみると案の定やっていた。

その声も一体どこからやってくるのか不明だった。向かいから聴こえるのか、同じ棟なのか耳を澄ませばすますほど分からなくなる。もはやこれが夏の風物詩になっているが、そんな混乱にとらわれている日常は本当に平和だ。