スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

サンダルがキュプキュプなるよ

400円で買った偽物クロックス(黒)を2年近く履いている。この手のサンダル、最初は半信半疑で買ったんだけど完全に夏場を中心に履きこなして重宝している。使用時はもっぱら近所のコンビニにでかけるとかその程度だけど。

でも最近はさすがに安物2年ということもあってだいぶ劣化してきた。底は穴があきそうだし、磨耗感が半端ない。でもそれはなんとか目をつぶるとして、問題は歩くと「キュプキュプ」と音が鳴るということ。まあそれがなんというかかわいい音でね。まるでひよこ達を随時連れ歩いているようである。

それでも「べつにいいや、周りは気にしないだろう」と気にしないでいた。でも、ある週末の朝、コンビニに行く途中、幼稚園児とお母さんと歩道ですれ違った。もちろんわたしのサンダルは「キュプキュプ」鳴っていた。するとその5歳時くらいの女の子が「ああ、あの音の鳴るサンダルほしい!」とケタケタ感のある声で指さしてきた。するとお母さんはなんとも恥ずかしそうな様子でとっさに会話の流れを外すではないか。

f:id:rmisasa:20150707194459p:image

しかしなんとも恥ずかしいのはこちらのほうで、「ああ、どうやら子供たちのブーブーなるサンダルと間違えられたんだなあ」とは思ったものの、こちらはどうやら40前の大の大人である。顔は赤くなるし、歩き方も自然とぎこちなくなる。なんとかキュプキュプを避けようと歩き方を工夫するのだが、サンダルはそんなわたしのこともいざ知らず「キュプキュプ」なるのであった。

いや、いっそこの「キュプキュプ」感を前面に出していこうか、デートにはいていこうか、実家に里帰りしようか、と持ち前の羞恥プレイに転化させようとするものの、一向に気分は晴れない。ああ、もうこんな日常嫌だ。