読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

健康診断に行く

健康診断に行く。会社指定の提携病院ならどこでもいいので、普段は自宅近くの街医者に行っていたけど、今年は会社ビル内の病院にしてみた。入口からキレイだし、これはセレブチックだとワクワクして入っていった。

しかしその思いは受付からひっくりかえった。一連の流れを説明してくれたんだけど、受付のお姉さんまったくの無表情。また献血からレントゲンまで担当してくれる人がみんな愛想が1ミリもなし。「クプタさん、どーぞー」っていうその一言一言が美しいほど棒読み。「タタラタタ、ターター」としかこちらには聞こえない。看護師さんの目がもはやキツネにしか見えないし。きっと悪気はないんだろうけど、組織全体が染まっている。「ああ、毎年行っていた地元の街医者にしておけばよかった。お姉さんもかわいいし。」と後悔の念がほとばしるが、もはや後の祭り。

f:id:rmisasa:20150605210914p:image

AKBの握手会で塩対応というのが話題になっていたけど、まさに塩対応とはこのことかとうなだれる。でも癖になると塩対応がよいというのも分からないではない。なんだか人間相手にされていないというか、冷たくされるというか。こちらがお金を払っているのにひどい仕打ちをされる感じ。こちらもため息をつきながら、しぶしぶ従うこの感じ、たまらぬ、、、と無理やり自分を納得させる。