読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

領収書を受け取ってから如何に華麗かつスマートにこなすかが見どころ

休日にすることがなくて街をふらついていると、銀行ATMにて預金を確認するという用事すら嬉しくなる。あまりにもやることがなくて、「用事」があるというだけで天にも昇る気分になるのだ。

で、ATMにて預金を確認するのだが、まあ頻繁に確認しているので記憶しているのと相違がないのだ。でも生きていくために今後の生活費や雑費を預金をもとに計算する時間が楽しい。何かを計算するというのは本当に時間を忘れさせてくれる。

そしてもう一つの楽しみがATM利用後に機械から出てくる領収書。これ必要ないのだけれども、廃棄するケース(たいていATMに付属している)に一発でペラペラの領収書を入れられるか入れられないかがすごい楽しい。領収書を受け取ってから如何に華麗かつスマートにこなすかが見どころである。まあ見どころといっても実際は誰にも見られていないのだけども。それがまた「放置プレイ」マニアである私に火をつける。

f:id:rmisasa:20150511165436p:image

それと廃棄ケースが銀行入口にあるときは上から下に領収書を入れるのだが、それもまた投票しているようで楽しい。その瞬間は目を閉じて「ここは体育館だ」と実際の投票現場を想像する。まるで社会に参加しているような気分にさせるのだ。