読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパービジネスパーソンエグゼクティブ、クプタ

スーパービジネスパーソン、クプタ(わたし)のプライベートを明かします。スーパービジネスパーソンへと登りつめたクプタ。プライベートの思考法とその内容をご参考までにご教授します。

見下されたエスカレーターで

東京駅の長いエスカレーターに乗っていたら、上から下りて来る人たちに終始見下されていた。常に上から見下される感じがたまらない。

普段人を見下しているだけに、なんとも己が情けないのだ。。

 f:id:rmisasa:20170518202246j:image

 

かけられたい水を、みすぼらしい

街を歩いていると、目の前で水を撒いている人を見かけることがある。玄関前、校門前、ショップ前、彼らは皆一様に歩行者に気を遣って水をまいている。

 f:id:rmisasa:20170516191028j:image

わたしはそれを見ると、いつも、ぜひかけてほしい!と思う。いや、願う。水をかけられた唖然とした男を演じたいのだ。クタクタになった服の下、みすぼらしい自分を露わにしたいのだ。もはや水をかけた側のリアクションなんてノーモア眼中。今度かかりに行こうか。この気持ち誰かと共有したい、この孤独。

裸体、驚くほどの

風呂で脚を上にあげながらリラックスをしていた。手元にはスマホ、電気もつけずに夢中に取り組む。しばらくすると、自分の脚をあげたセクシーな裸体に驚いた。これほどの美はありあるだろか?としばらく下半身に釘付け。こんなアラフォーいかがでしょうか。

f:id:rmisasa:20170510192955j:image

 

シュークリームを頬張るビジネスパーソン

駅の改札を出ると向かってくる人の群れのなかにシュークリームを頬張りながら歩くビジネスパーソンがいた。

 f:id:rmisasa:20170509113301j:image

太った身体にピチピチのスーツを包み込み、表情はなんとも幸せそうだ。コンビニで買ったのだろう、クリームが生地からはみ出している。

 

私は彼のなかに、ビジネスエグゼクティブの鑑を見た。ミスターエグゼクティブ、かぶりつく勇気と気迫、その絶妙なチョイス、なんとも、キュートだ!わたしたちも模範としなければならない。

イカが落ちてたよ!

東京の大都会、新宿にイカが落ちていた。なぜこの人混みにあふれた歩道に透明なイカが落ちているのだろうか。

 

イカがテクテク歩いてここに来るわけないから、さては誰かが落としたのだろう。イカを落とすなんて、やるじゃないか。

 f:id:rmisasa:20170508181412j:image

そんなことを考えながら今日も仕事そっちのけで、妄想に浸るエグゼクティブだった。

 

やめられないエグゼクティブ

f:id:rmisasa:20170506214653j:image

コンビニでのお菓子食いがやめられないエグゼクティブ。

スマホ癒せ孤独

f:id:rmisasa:20170505204925j:image

家族にスマホばっか見て依存症じゃないの?と言われたから。

 

いや、孤独を癒す唯一の手段なんだよ。もうスマホしか信じない38歳中年!

 

と言ったら。無言だった。